【レヴォーグ】本革シートで嘔吐、ディーラーに見放されてスーパーママで洗浄!

じゃいあんたまきの気が向いたら更新するブログです

他社で断られる本革シートのクリーニング・・・でもご安心を!

本革シートのブツブツの穴に嘔吐物が入り込んで

スーパーママでは本革シートもクリーニングOK!

今回はレヴォーグの本革シートに嘔吐・・・というハードルの高いご依頼です。
写真じゃ少し分り難いかも知れませんが、よくよく見ると嘔吐の跡がクッキリ残っているかと思います。

しかも、非常に厄介なのが・・・クルマの本革シートの表面にブツブツの小さな穴が空いています。
この小さなブツブツは座った時の通気性を上げて快適性を上げるための小さな穴なのです。
このブツブツに嘔吐物が詰ってしまった・・・という内容です。

ところで、基本的に本革製のシートのクリーニングは大抵の所で断れてしまいます。
そうなんです、大抵の車内クリーニングの会社は本革製のクリーニングをする技術を持っていないのです・・・。
ましてや、今回のお客様はディーラーに電話をして相談したところ
【シート交換をオススメ致します】
と、クリーニングを断られてしまったそうです・・・、
もう開いた口が塞がりません・・・・。

そこで、インターネットで調べたらスーパーママが引っ掛かって、本革シートもクリーニング出来る、とご連絡頂きました。
スーパーママな独自のノウハウで本革シートもクリーニング可能です!

それでは、本革シートのレヴォーグをキレイにしていきましょう!

ブツブツの小さな穴に詰まった嘔吐物尾もキレイに吸引

難しい本革シートもキレイにクリーニング

こういう時はハイパーリンサーの強力吸引でブツブツの汚れを吸引していきます。
たまたま今回の嘔吐はニオイに関してそれほどキツクなかったのが救いです。
ちなみに、革製シートのニオイの中和となると非常に厄介で本当に手間のかかる難しい作業なのです。

こういう時は手早く【吸引・乾燥】を繰り返していきます。
そして、革製シートは水分を非常に嫌います。
必要以上に水分を使用すると、革製シートに傷が入ったり変色したりする可能性が非常に高くなります。
その様にならない為にも非常に段取りの良い作業が必要となります。
それだけ革製シートの作業は難しいのです。

シッカリ洗浄シッカリ吸引コレが基本

何度も吸引・乾燥を繰り返して、こんなにキレイになりました!
1枚目の写真とよくよく比較するとシッカリと嘔吐の汚れ跡が消えている事が解ります。

先程も申しましたが、革製シートのクリーニングは大抵の所で断られるかと思います。
しかし、スーパーママでは独自のノウハウで革製シートのクリーニングも可能です!

他社で断れてお困りの方・・・是非一度スーパーママまでお気軽にお問い合わせ下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。