【ノウハウ集】重曹は車内の掃除に使っちゃダメーッ!ホント極悪です

2代目店長ふく丸さんのブログ、気が向いたら更新します

水が使えない車内の掃除に重曹は使っちゃダメ!

重曹を使いすぎるとシミになってとれなくなります

重曹スプレーはダメ!ついついスプレーし過ぎて・・・

先程も申しましたが、重曹は水の使える箇所でしか使用しないで下さい。
写真の様にシミになっ素人様では除去できなくなります!
重曹が固着してしまい、タオルで水拭きした程度では落ちなくなります。
(但し、もしタオルで落ちたらラッキーだと思って下さい)

一時期テレビの情報番組で毎日の様に重曹を特集を毎日放送しているような時期がありました。
その時期に【重曹が取れなくて】といった内容が本当に多数寄せられました。
写真の様に重曹を溶かした水をスプレーして車内をキレイにしようとする方が多数いました。
そこそこ汚れが落ちるのでついつい調子に乗ってさらにスプレーして乾燥すると・・・。
もうシミだらけで除去できなくなってしまって・・・・といった具合です。

何度も申します、車内の掃除で重曹はダメ!

一見すると、重曹は水に溶けているように見えますが、実は重曹は水に溶けません。
溶けているように見えるだけで、乾燥すると重曹水を撒いた部分は真っ白になります。
重曹をタップリと噴霧した部分をタオルで拭いて、素地に重曹が沁み込んでしまいます。
乾燥すると・・・ご覧の通りに真っ白なシミなってしまいます。
シミ汚れはアルカリ性の洗剤や酸性の洗剤を使用してシミを分解。
中和をしないと完全に除去はできません。
そうなんです、重曹って使い方を違えると意外と面倒なモノなのです。

テレビで連日放送している重曹の話題、本当にゲンナリしていました(笑)。
あぁ、またお客様から重曹のトラブルで電話がかかってくる、って感じでした(笑)

重曹を溶かした水を噴霧し過ぎると残ってシミになります

水が使えない場所で重曹を使った掃除はダメ

時々この様な【重曹が取れなくてシートがシミだらけに】といったご依頼を受ける事があります。

先に結論から申しますと【車内の掃除に重曹を使うのはNG!】です。
なぜなら、重曹は水に溶けません。
重曹を塗って乾燥するとそのままシミになって残ります。
一見すると、重曹は水に溶けているように見えます。
しかし、実際は水には溶けていません。
コレがシミになる原因です。
ですので、重曹は水の使えない場所で使ってはいけません!

重曹はキッチン廻りや浴室には効果的ですが・・・

重曹はアルカリ性の物質ですので脂分に効果があります。
100均店やホームセンターでも安価に購入でき、油汚れにも効果があるので皆様も毎日の生活の中で使用されているかと思います。
水回りの日常の掃除には非常に効果が見られます。
特にキッチンの油汚れには効果がみられる事でしょう。
油汚れにはアルカリ性が非常によく反応します。
しかし、重曹を使った箇所はシッカリと水を流さないといけません。
ですので、キッチン廻りや浴室に使うと効果的なのです。

固着した重曹のシミは水洗い洗浄で分解可能です

写真の様にシミになったら水洗いクリーニング!

もうこうなったら素人さんでは手に負えません。
雑巾で何度も拭いても白い重曹の跡形がドンドン出てきます。
そうです、コレが【重曹の恐怖】なのです!

こういう時は【水洗いクリーニング】でしか対処できないかと思います。
アルカリ性洗剤で重曹を分解。
酸性洗剤で重曹を中和。
ハイパーリンサーで根こそぎ吸引、そしてシートを乾燥させます。
重曹のシミが消えるまで、この作業を何度も繰り返します。
ただ洗浄するだけでは重曹は除去できません。
この様に洗浄・中和が必要委なります。
ちなみに、ここまで強烈に重曹がシートに付着していると、我々プロでも非常に時間の掛かる作業なのです。

シートの脱着はディーラーや整備工場でお願い致します

この時はお客様のご希望で
【重曹がシートの下に流れ込んでしまったので、シートの下も水洗い洗浄したい】
とのご希望です。
そうなると、シートの脱着が必要になります。

シートの脱着はお客様個人で絶対に行わないで下さい!コネクターの脱着の破損やシートの破損にも繋がります。
コネクターを一度外すとサイドエアバックがキャンセルされ作動しなくなる車種もあります。
コネクターを力任せに外すと断線する可能性もあります。

ということで、今回はディーラー様でリヤシートを脱着して頂きました。
さすがプロのメカニック、ボルトを外しコネクターを外すと簡単にシートを外していました。
その横でスーパーママがシートの水洗いクリーニングを実施ておりました。
この様なディーラ様での作業も可能です。

ご不明な点が御座いましたら、スーパーママまでお気軽に是非お問い合わせ下さい。

汚れた個所は小少量の水でタオルで叩くように

じゃあ、重曹を使わずに車内を掃除するのは?

では、車内に付着した汚れを除去したい時はどうしたりいのでしょうか?

市販のアルカリ洗剤(マジックリン等々)をスプレーしてタオルで拭き取る、と言った方法です。

10倍ぐらいに希釈してシュシュッとスプレーして下さい。
それからタオルで叩くように拭き上げていきます。
最後の水拭きをして素地に残っている洗剤を拭き上げます。
この掃除をする際に、スプレーし過ぎは厳禁です!
水溶性で扱いやすい市販のアルカリ洗剤ですが、やはり大量に使用すると素地の中に残ってシミになってしまいます。
ですので、あくまでも適量で掃除をしてください。

もしくは【少量の水でタオルで拭き取る】方法をオススメ致します。
こちらもとにかくタオルで叩いて水分を吸収して下さい!
コチラも水のかけ過ぎは厳禁です。
この様にして車内に水が残らない様に洗剤とタオルを使って定期的に掃除を行ってください。

全ての作業に言える事ですが、何事も適量!
これが一番大切なのです。