【ノウハウ集】重曹は車内の掃除に使っちゃダメーッ!ホント極悪です

じゃいあんたまきの気が向いたら更新する気分次第のブログです

車内や水が使えない掃除に重曹は使っちゃダメ

重曹は使い方を間違えるとシミになります

水が使えない場所で重曹を使った掃除はダメ

時々この様な【重曹が取れなくてシートがシミだらけに】といったご依頼を受ける事があります。

先に結論から申しますと【車内の掃除に重曹を使うのはNG!】です。
なぜなら、重曹は水に溶けないので、乾燥するとそのままシミになって残ります。
一見すると、重曹は水に溶けているように見えますが、実は全然溶けていません。

つまり、重曹は水の使えない場所で使わないのがベストなのです!

100均店やホームセンターでも安価に購入でき、油汚れにも効果があるので皆様も毎日の生活の中で使用されているかと思います。
水回りの日常の掃除には非常に効果が見られます。
特にキッチンの油汚れには効果がみられる事でしょう。
油汚れにはアルカリ性が非常によく反応します。
つまり、重曹はアルカリ性のぶっしつなのです。

重曹を溶かしてシュシュッとするのはダメ!

車内の掃除に重曹は絶対に使わないで下さい!
写真の様にシミになっ素人様では除去できなくなります!

一時期テレビの情報番組で毎日の様に重曹を特集を毎日放送しているような時期がありました。
その時期に【重曹が取れなくて】といった内容が本当に多数寄せられました。

何度も申し上げます

一見すると、重曹は水に溶けているように見えますが、実は重曹は水に溶けません。
溶けているように見えるだけで、乾燥すると重曹水を撒いた部分は真っ白になります。
重曹をタップリと噴霧した部分をタオルで拭いて、素地に重曹が沁み込んでしまいます。
乾燥すると・・・ご覧の通りに真っ白なシミなってしまいます。

汚れた個所は小少量の水でタオルで叩くように

じゃあ、掃除するのにどうしたらいいの?

では、シートに付着した汚れを除去したい時はどうしたりいのでしょうか?

市販のアルカリ洗剤(マジックリン等々)をスプレーしてタオルで拭き取る、と言った方法です。
10倍ぐらいに希釈してシュシュッとスプレーして下さい。
それからタオルで叩くように拭き上げていきます。

あくまでも適量で行ってください!

スプレーし過ぎは厳禁です!

もしくは【少量の水でタオルで拭き取る】方法をオススメ致します。
こちらもとにかくタオルで叩いて水分を吸収して下さい!

水のかけ過ぎは厳禁です。

この様にして車内に水が残らない様に洗剤とタオルを使って定期的に掃除を行ってください。

何度も言います!

とにかく車内の清掃で【重曹】は使わないで下さいね。

シミになった重曹は水洗いクリーニングで重曹を分解して吸引

こうなったら水洗いクリーニングしかありません!

もうこうなったら素人さんでは手に負えません。
雑巾で何度も拭いても白い重曹の跡形がドンドン出てきます。

そうです、コレが【重曹の恐怖】なのです!

こういう時は【水洗いクリーニング】でシートの中に潜んでいる重曹を分解して吸引!
掃除機いますと、ここまで強烈に重曹がシートに付着していると、我々プロでも非常に時間の掛かる作業なのです。

アルカリ洗剤を塗布して重曹を分解、ハイパーリンサーで水を噴射して吸引。
そして乾燥して重曹がシートに残っていないか確認。
この作業をシートから重曹が消えるまで何度も行います。

ご覧下さい!
キレイに重曹が除去できました!

この様な【重曹の恐怖】でお困りの方、是非スーパーママセンターまでお気軽にご連絡下さい。

スタッフ一同、心よりお待ちしております!