意外な事実、ファブリーズの使い過ぎに要注意

じゃいあんたまきの気が向いたら更新するブログです

ファブリーズ使い過ぎるとニオイを固着させるから要注意

ファブリーズは使いすぎるとニオイ固着するかもしれないので使い過ぎに注意!

ファブリーズは使いすぎるとニオイを固着する性質があります

スーパーママで非常に多いお問い合わせが

【子供が嘔吐をして】
【お漏らしをして】

と言った内容でございます。

こういう困った時につい使ってしまうのがファブリーズといった脱臭除菌剤です。
そうです、テレビCMで【シュシュッ!】とするので有名なアレ!です。
このテの商品はホームセンターやコンビニ、スーパーマーケットと、どこでも安価で入手できます。
また、それなりの効果がみられるので皆様よくよく使用されるかと思います。

が!

ここで要注意です!

とにかく【使い過ぎには要注意】です!

何故なら

【ファブリーズはニオイを固着させてしまう性質】があります。

嘔吐をした箇所にブシュブシュ!と吹き付けてしまうかと思います。
その時はイイニオイするので、ついつい大量に吹き付けてしまいます。
また、いい香りで嘔吐の悪臭が消えているかと感じます。
しかし、イイニオイを上から被せているだけで何の根本的な解決になっていません。

そして、大量の吹き付けたファブリーズが乾燥してしまうと。
嘔吐やお漏らしのニオイそのものを車内やシートに固着させてしまう可能性が物凄く高くなります!

この様にニオイが一度固着してしまうと、我々が水洗いクリーニングを実施してもナカナカ除去でき無くなります。

ですので、正直申し上げますと【ファブリーズは使用しないで下さい!】と言うのが本音です。

まずは希釈した洗剤をシュシュ、ベタベタは禁物

そういう時は市販の洗濯洗剤等々を希釈してシュシュッ

ではでは、こういう時はどうしたらいいのでしょうか?

【洗濯洗剤】
【食器洗い洗剤】
【アルカリ洗剤(マジックリン等々)】

といった洗剤を希釈して、ニオイのする箇所へシュシュッ!とスプレーして下さい。
洗剤の希釈は必ずそれぞれの洗剤の希釈を守って下さい。
モチロン!嘔吐の場合には嘔吐物をキレイに除去してからシュシュッ!と洗剤をスプレーして下さい。

また、嘔吐をした場合はコチラのブログも参考にしてください!

どんば洗剤や脱臭剤や除菌剤もそうですが、使い方次第で【薬にも毒にもなる】かと思います。
ファブリーズも適量を使うとある程度の除菌効果を発揮する事でしょう。
しかい、使いすぎると逆効果をはっきしてしまう・・・という非常に皮肉な結果になってしまいます。

皆様、何度も言います。

大量のファブリーズは危険です!

くれぐれも【適量に】をお忘れなく。

インスタグラムやってます。気が向いたら更新します

じゃいあんたまきの気が向いたら更新する何となくなブログです

じゃないんたまきの過去・・・

関西一円、お客様のご要望の場所へ出張します

関西一円お客様のご要望の場所へお伺い致します

【実家のおばあちゃんちで車内をクリーニングしたいけど大丈夫かな?】
【仕事が忙しいので、会社の敷地内で作業してもらってもいいかな?】

お任せください!
スーパーママは関西一円!大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀、関西一円お客様のご希望された場所にお伺い致します!

(関西圏内でも一部遠方は別途交通費を頂きます。詳しくは弊社スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい)

電話072-759-7286 fax072-759--4419  mail supermama-center@gmail.com

年中無休です!(年末年始を除く)

ホームページの内容だけではナカナカ分り難い事もOK!
チョット気になる事でもOK!
値段の事や作業内容で疑問に思う事でもOK!

お気軽にお問い合わせ下さい!
ご連絡お待ちしております!

コチラのメールフォームもご利用下さい

    スーパーママからのお願いです

    当サービスはクリーニング施工ですので、商品を新品にするものではございません。
    あくまでもクリーニングですので、場合によって汚れを完全に除去できないケースもございます。

    特に【コーヒー】【紅茶】【ワイン】【醤油】といった【タンニン】を含む液体・食品を一定期間(2~3週間以上)放置されている場合に完全に除去できないケースが多々ございます。
    (要するに素地が染色されている状態になってしまいます)

    嘔吐物を一定期間(2~3週間)放置されてている場合にも嘔吐物に含まれる【胃酸】によってシートが 【酸焼け】と呼ばれる現象で跡形が残ってしまうケースもあります。
    この一定期間もあくまでも一つの目安ですので、数日でシミになってしまうケースも報告されておりますのでご注意下さい。

    大変恐れ入りますが、この点をご了解頂ければ幸いです。
    何卒、宜しくお願い致します。