【誰でも出来る】手軽で確実、車内の簡単な掃除方法です

じゃいあんたまきの気が向いたら更新する気分次第のブログです

車内をいつもキレイに、簡単な車内の掃除ノススメ

とにかく徹底的に掃除機をかけてごみを回収!

とにかく掃除機で徹底的にゴミを吸引することから!

お客様から非常に多くお伺いする事が・・・

【こういった車内のドロドロシート汚れって家庭ではどのようにしたら水洗い洗浄できますか?】

といった内容のご質問です。

さすがに変色するぐらいのドロドロシート汚れには素人様ではもうお手上げの状態になります(笑)。
もう少し現実的なレベルの汚れ(笑)での掃除方法を説明致しましょう!
コチラのブログの内容が少しでもお役に立てれば、と思います。
とにかく砂やホコリといったゴミを徹底的に吸引する事です。

少年野球やサッカーでドロドロ砂まみれの子供が乗っている場合、特に車内のドロドロシートの表面や足元のフロアマットには掃除機掛けを。
吸って吸って吸いまくる(笑)。
とにかく【これでもか!】というぐらい掃除機をかけて下さい。

特にフロアマットは非常に砂やホコリを掻き集めて驚くぐらいシートにゴミが溜まっています。
最悪、フロアマットをホースで水をバシャバシャかけてもいいぐらいです。
私も汚れがひどい場合、この様な水を直接かけて汚れを流し出します。
あ、フロアマットを外してモチロン車外でして下さいね(笑)。

掃除の基本【ゴミは吸う】です。
家の掃除も車内の掃除も基本は同じです。

汚れた個所は小少量の水でタオルで叩くように

バケツとタオルと洗剤を用意して拭き上げ洗浄

バケツ(約10リットルぐらい)の中に大さじ1杯ぐらいのアルカリ性洗剤(要するにマジックリンの様な洗剤)を入れてよくかき混ぜます。
そこにタオルを入れてよく絞ります。
そのタオルで車内の気になる汚れの部分を丁寧に拭き上げて洗浄していきます。
何度も何度も丁寧に拭き上げます。
最後に、車内の濯ぎの意味で洗剤の入っていないキレイなバケツの水にタオルを絞ります。
洗剤が残らないように丁寧に拭き上げます。

ハイ、これだけです(笑)。

この作業を何度も繰り替えすだけです。
カンタンで単純です(笑)。

注意点は
◆あまり力を入れ過ぎてガシガシと拭き上げないようにして下さい
◆タオルの洗剤水でベタベタにしない事!余計に汚れが広がって行きます
◆【重曹】を絶対に使わない事!乾燥するとシート表面い残ります

この点をよく注意して丁寧に掃除を頑張って下さい。

でも、さすがに先程紹介した写真程の洗浄力は期待できません。
それだけ車内のクリーニングというものは非常に難しいモノなのです。
車内の汚れが簡単に落ちたら、我々の様な業者がこの世からいなくなります(笑)。

ですので、現実的に車内の汚れを一般家庭で落とそうとなるとこの様な方法でしか、というのが本音です。
【ドロドロになる前に、少しづつでいいから掃除を】というのが理想のスタンスです。

では、皆様キレイなカーライフを!

それでもダメな時はスーパーママへご連絡を!!!