【素朴な疑問】えっ?胃酸焼けって何?教えてくださ~い!

じゃいあんたまきの気が向いたら更新する何となくなブログです

胃酸焼けの原因、嘔吐物はすぐに除去を

こういう時は焦らずに落ち着いて下さい!

さてさて、この【胃酸焼け】と言う言葉は、ワタクシ玉置が勝手に考えた単語です。
まぁ、それっぽい似たような単語があるので、まぁこんなもんでいいか、と(笑)。

嘔吐物には胃酸が混ざっています。
車内を水洗いクリーニング掃除をする際に、この【胃酸】というものが非常に厄介なシロモノになります。

なんせ、食べ物を体内の胃酸で溶かして消化するぐらいの強烈な酸性の液体ですから。
我々の生活の中でも、食品を溶かす液体ってなかなか無いと思われます。
そう考えると【胃液】って相当強烈な酸性の液体化と理解できます。

その酸性の液体が大量に含まれる【胃液】です。
嘔吐すると吐瀉物と同時に大量の胃液も放出されます。
そうです、強烈な胃酸が大量に放出されます。

その胃酸を放置するとどうなるか。
もう簡単に想像が付きますよね(笑)。
胃酸でシートが焼けてしまいますよ。

この簡単な構図が【胃酸焼け】の発生源なのです。

但し!
ここで、ご注意を頂きたい点です!

あくまでも、一定の期間を放置していたら胃酸焼けが発生するのであります。
嘔吐後にすぐ吐瀉物を除去すれば胃酸焼けの発生確率は一気に減ります。

しかし!
嘔吐物を除去して数週間後に胃酸焼けでシートに方が残ってしまった、と言う事も事実発生しております。

コレが胃酸焼けです

胃酸焼けが発生すると、もう修復できません・・・

ではでは、実際に【胃酸焼け】になったシートを見てみましょう。

コチラは日産セレナの2列目シートです。

コチラのお客様は、嘔吐直後に吐瀉物の処理が少々甘かったみたいです。
それから2~3週間、車も乗る機械もの無く、駐車場に放置していたらこの様な【胃酸焼け】が発生してしまいました。

ではでは、この【胃酸焼け】が発生してしまったら、どうしたらいいのでしょうか?

スミマセン、もうどうしようも出来ません。
シートの布地の色が変色してしまったので、弊社としても何もすることが出来ないのがホンネの部分でございます。

では、胃酸焼けが発生しないようには?

とにかく嘔吐した直後の初期対応が本当に重要になってきます。
1分1秒とは言い過ぎですが(笑)、とにかく少しでも早く嘔吐物を除去する事です!

嘔吐物を除去した後は,不要なタオルや新聞紙や紙で結構です。
あと、飲料水で結構ですので水を少々あればベストです。

水を少量かけて、そのタオルや新聞紙でシートを殴りまくります!
ハイ、とにかく殴りまくって下さい(笑)。
日頃ムカつく人間を思い出してフルパワーで殴って下さい(笑)

何故殴りまくりか。

殴ることでシートの中に残っている汚水をタオルで吸引していきます。
そうする事によって、シートに含まれる胃酸を少しでも吸引して胃酸焼けを未然に防止します。

タオルをケチるのも厳禁!
とにかく乾燥したタオルをあるだけ使い切りましょう。
タオルが無くなれば、売店で新聞紙や雑誌を買ってきましょう!

また、水をシートに撒くのもほんの少量を数回に分けて撒いてください。
一気に大量の水を撒くと、汚れが拡散してしまう可能性があります。
(お茶は厳禁!お茶に含まれるタンニンには色素が含まれシミになる原因になります。といって市販のペットボトルのお茶は確率は低いけどね(笑))

何事もホドホドに・・・・をアタマに入れて作業をしてください!

また、コチラのブログでも嘔吐処理について色々と記載しておりますので、是非ご参考程度にご覧頂ければ幸いです。

胃酸焼けの可能性は低いのですが、充分に注意して下さい

発生の確率は低いのですが、絶対に気を付けて下さい

とか言いながら(笑)、本当のことを言うと、胃酸焼けの発生する確率は非常に低いかと思います。
しかし、スーパーママセンターで年間数百台の車内水洗いクリーニング洗浄を行っております。

やっぱりその中に年間数台の胃酸焼けの車が発生している事実です。
先程も申しましたが、胃酸焼けが発生してしまった部分は、色素が変色してしまったのでもう手の施しようありません。

その様にならなない為にも、もし車内で嘔吐された場合、初期対応をしっかりと行って頂くことが何よりも一番重要な事なのです。
とにかく、万が一の嘔吐が発生してしまったら、焦らず落ち着いて行動して下さいね!
(といってもそれが一番難しいんだけどね(笑))

インスタグラムやってます。気が向いたら更新します