◆新型コロナに負けるな!次亜塩素酸水のススメだワン!

世界中で猛威のコロナ・・・焦らず沈着に対応しましょう!

強力な殺菌力の次亜塩素酸水をオススメします!

驚異のコロナウイルス、全世界で猛威を振るってますが、慈雨ア塩素胃酸水やナトリウムがどれだけの効果があるか。検証してみたいと思います。

連日、世界十で猛威を振るっている新型コロナウイルス。
遂に先日、日本政府も緊急非常事態を発令する事態になりました。
また、高度に発達したインターネット社会、色々なデマも瞬時に拡散されてしまう非常に厄介な世の中になってしまいました。

記憶に新しい所ではトイレットペーパー騒動がありありました。
また、最近では関東方面ではスーパーマーケットの買い占め問題等々が発生しております。

本当に目を覆いたくなるような愚行の連続です。

さてさて、この様な様々な情報が交錯しております。
その様な情報の洪水の中で、かなり信憑性の高いのが【次亜塩素酸水】の効果です。
次亜塩素酸水は非常に除菌納涼に優れており、また非常に安心安全な液体ですのでペットや赤ちゃんのいるご家庭でも安心してご使用頂けます。

また、スーパーママセンターの車の水洗いルームクリーニングにおいても数年前から使用しており、非常に素晴らしい効果を発揮しております。
ここでは、この話題の次亜塩素酸水の有効性について説明したいと思います。

また、コチラのブログでも【次亜塩素酸水】に関する情報を掲載しておりますので、
内容はコチラのブログと少々カブるかと思われますが、お時間の許す限り是非ご覧頂ければ幸いです。

驚異の柴犬コタロー店長の KOTARO SPECIAL【次亜塩素酸水とは何ぞや?!】

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは別モノ!ご注意を!

 

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは全くの別ものです!特に次亜塩素酸ナトリウムは使用を間違えると大けがをします!ご注意を!

次亜塩素酸水は厚生労働省が2002年に規格された食品添加物の一種です。
ここで厚生労働省が定める次亜塩素酸水とは、殺菌科の一種であります。
食塩水(塩化ナトリウム水溶液)や塩酸(いわゆる酸)を電気分解する事により作られる「次亜塩素酸」を主成分とする水溶液の事を示します。

厳密には電気分解での製法やpH値・有効塩素濃度が厚生労働省により定められてます。
その違いにより強酸性・弱酸性・微酸性の次亜塩素酸水に分けられます。

ここで注意すべきは、よく似た名前の【次亜塩素酸ナトリウム】です。
【次亜塩素酸水】と【次亜塩素w酸ナトリウム】は全くの別ものです!!!
◆次亜塩素酸ナトリウム(アルカリ性)・・・・漂白剤(ハイター等々)の原料であり、多種の洗剤を混ぜたり間違って使用すると有毒ガスが発生する。
◆次亜塩素酸水(酸性)・・・・・除菌スプレーや食品添加物として使用され、安全性が非常に高い。

少し話が脱線しますが、ウイルスには【エンヴェロープ型】と【非エンヴェロープ型】の2種類があります。

◆【エンヴェロープ型】・・・・ウイルス細胞にタンパク質等々の被膜で覆われている細胞。ダメージを受けにくい厄介な細胞でアルコールだけでは効果は希薄。新型コロナはコレ。
◆【非エンヴェロープ型】・・・ウイルス細胞が被膜に覆われることなくむき出しの状態。アルコールでも十分な殺菌力で対抗できる。ノロウイルスはコレ。

【次亜塩素酸水】の特徴として、酸化作用で【エンヴェロープ型】のウイルスでも細胞膜を破壊してウイルスは不活性化します。

それに対して【次亜塩素酸ナトリウム】は【エンヴェロープ型】のウイルスの殺菌までに時間がかかると言われています。
また【次亜塩素酸ナトリウム】は強アルカリ性なので手に触れるだけでも危険で万が一げ根木が直接皮膚に触ってしまうと皮膚が解けてしまう危険性があります。
目に入ると失明の可能性も少なからず発生してしまいます。

それに対して【次亜塩素酸水】は弱酸性なので非常に安全です。
㏗値は 5~6.5 でボディーソープとほぼ同値なので人間の肌に非常に近く肌荒れの心配は殆ど無いと言ってもいいでしょう。
この様に次亜塩素酸水は圧倒的に安全性が高く、日常生活にも安心安全に使用する事ができます。

次亜塩素酸水 3つのオキテ!!!

 

次亜塩素酸水は非常に安心安全で地金効果も期待できると説明致しました。

では、なぜ安全なのでしょうか????

それは【次亜塩素酸水】は【水に戻る性質】があるのです。
一体どういう事なのでしょうか???
でも、この【水に戻る】という性質はメリットでもありデメリットでもあるのです。

では、これを今から説明していきましょう!!!

以下の3つの点に注目して下さい!

◆有機物に触れない!!!

一体どういう事なのでしょうか???

つまり、紙とかティッシュペーパー(有機物)に触れると瞬間的に水に戻ってしまうのです。
除菌したい部分にテッシュにスプレーで振りかけてから拭き上げるのは効果が無いのです。

◆有機物とは・・・・炭水化物,タンパク質,脂肪などのように,生物の体内でつくり出される物質は有機物、また化学では人工的につくられる有機物も扱います。
◆無機物とは・・・・有機物以外のすべての物質です。先に示した二酸化炭素など簡単な炭素化合物と,水や金属などのように炭素以外の元素で構成されている化合物が無機物です。

例えて言うと、布や皮膚に触ると殺菌除菌をして水に戻りますが、金属に触れると何の反応もありません。
また、次亜塩素酸水は犬のウンチと言った【大きい汚物】の中まで浸透はしません、表面を除菌する程度です。
ウンチの表面だけ除菌できてもウンチの下は除菌できない、中まで浸透できないので汚物を除去してから次亜塩素酸水を振りかけると非常に効果がります。

しかし、ウイルスなどの小さな物質に直接スプレーで振りかけると非常に高い殺菌除菌効果が見られます。

◆紫外線に当てない!!!

日常生活において、この点を見逃しやすいのでご注意頂きたいと思います。

詰め替え用の次亜塩素酸水を買って透明のボトルに入れていると・・・・。
そうです、紫外線にさらされて水に・・・・水に代わってしまっていることも十分にありますのでご注意ください!
出来れば色付きのスプレーボトル入れるをお勧め致します。
また、保管場所はクローゼットの中等々、太陽の光が当たらないところに保管する事が大前提となります。

スーパーママセンターも次亜塩素酸水を使い始めた時は、この点を知らなくてせっかく購入した高価な次亜塩素酸水数10リットルを無駄にした事があります(笑)。

この様に次亜塩素酸水は扱い方を間違えると効果が無くなってしまいます。
では、どのように判断したらいいのでしょうか?

いたって簡単な方法です。

それは次亜塩素酸水特有の【ニオイ】で判断します。
新品の次亜塩素酸水は独特の【鼻にツン】とくる刺激臭があります
(何度も説明してますが、刺激臭がしても安心安全なのが次亜塩素酸水なのです)

でも、効果が薄くなっている次亜塩素酸水はこの【刺激臭】があまりしません。
ホント、水みたいなニオイしかしません。
こうなったら効果はあまり期待できませんので・・・・もう廃棄しかないかと思います・・・・。

 

◆消費期限を過ぎない!!!

あまり知られていないことですが、次亜塩素酸水には使用期限があります。
メーカーや商品によってその基準はw様々ですが、大抵の次亜塩素酸水は【製造後から3カ月以内に使い切る】から【半年後や1年後】と期限があるのでご注意下さい

詳しくはメーカーのHPや商品ラベルに記載されておりますので、そちらくご確認下さい。
購入して備蓄して1~2年も経過していたら・・・・もったいないですよね・・・・。
ですので、次亜塩素酸水は基本的に使い切りるだけの分量を購入して下さい。

また、次亜塩素酸水の特徴として【濃い濃度の次亜塩素酸水の方が劣化が早い】と言われております。
【200ppm】よりも【500ppm】mの濃度の方が劣化のスピードが速いと言われています。
この点に関しては諸説あり、劣化しないものや極端に劣化するものがあると言われてます。
恐らくメーカーの精製方法が関連しているかと思います。

この点に関しても各メーカーにお問い合わせ下さい。

◆使ってはいけない部分

先程、説明したように次亜塩素酸水は弱酸性の液です。

ですので、次亜塩素酸水は金属と反応して酸化作用が発生しますので、金属には使わない方がよろしいかと思います。
次亜塩素酸水をかけてすぐに腐食する事はまずないかと思います。
しかし、次亜塩素酸水を振りかけて、金属部分に残ってそのまま放置してしまい腐食・・・・と言う事が考えられます。
ちなみに、車内には金属が直接むき出しになっている部分は殆どありません。
ドアノブはプラスチックのメッキ加工をしているもので、シートのレール部分はシッカリと塗料が塗られておりますのでそれほど神経質になる必要は無いと思います。

 

買い占めは絶対にやめましょう!

この様に、非常に効果があり安心安全な事案塩素酸水です。
しかし、この新型コロナの影響で各地で買い占めが多発しております。
現時点でもインターネット上でも次亜塩素酸水の入手が非常に困難になってきます・・・・。
確かに次亜塩素酸水は必要かもしれません。
でも、大量に買い占めるのだけは絶対にやめましょう!!!
業務用の18リットルの次亜塩素酸水を大量に買っても、使い切る前に腐らせてただの水になってしまうだけですから(笑)

スーパーママでも18リットル使い切るにの結構な時間がかかりますから(笑)

ですので、必要最低限の量だけ購入して一人でも多くの方々に次亜塩素酸水が行き渡るように皆様心がけて頂きたく思います。